エッセイ

【おすすめの本】「日本人の『遺伝子』からみた病気になりにくい体質のつくりかた」欧米人と同じじゃダメ!

日本人に多い遺伝子変異VS自分で変えられる生活習慣

⇒なるほど~!と納得&嬉しい内容♪

はつみ顔管理栄養士 はつみ

↑ おススメの1冊です♪

日本人は、この島国特有の米文化に適応していた!
胃の形まで欧米人と違う!!

ちょっと太っただけで、すぐに糖尿病などの生活習慣病になってしまう日本人💦
太りやすいかどうかも、遺伝子が関与していることがわかっています。(SNP:1塩基多型という変異があり得る)
でも、遺伝子変異だけでなく、その後に起きるエピジェネティック変異という後天的な要素が大きいというのです。この部分は自分次第と言うことになります!

様々な健康問題、どの程度が遺伝に左右されているのか気になっていました。この本を読んで、ちょっとホッとしました。
最大で3割遺伝子、7割自分の生活習慣みたいですね♪

ただし、親から生活習慣も見習うので受け継ぐ要素は大きいです。
でも、良くないなあと思った親の生活習慣はマネしなければいい!
自分でそう決めればいいですよね。別人格なのだから。

小さい子供の時は選べない親が与える食環境
その影響は、妊娠期から始まります。妊娠前にヤセの状態で、かつ妊娠期にじゅうぶん食べないで体重増加が少ないと、生まれた子は太りやすい体質になります。だって、飢餓の時代に生まれてくると思って準備してしまうのです 😥
コチラも参照:「若い女性のヤセや無理なダイエットが引き起こす問題について」厚生労働省

ヤセ志向が強くなっている日本社会!

ちょうどよい体格より痩せた状態でいようとしている若い人をよく見かけます。身体の望むこととは違う方向へ進もうとするから、身体と喧嘩してるみたいに見えます。

ため息が出てしまう 😥 

↑ ガンになりやすい遺伝子変異を持っているかどうか、今は調べることが出来ますよね。
でも持っていたら?
どうすればいいの?
という不安で調べられない人も多いのでは?

がんの遺伝子変異を持っていても、生活習慣でリスクは相当下がることが証明されています。

地域別に色分けされた日本地図のイラスト

お酒に弱い人が多いのも日本人の特徴です。
なぜお酒が弱い遺伝子変異を持つ人が生き延びやすかったのか?という仮説は面白かったです!寄生虫がカギでした!

急激に欧米化して、その上座っている時間が多くなった日本人。

やはりこの変化のスピードに体はついていっていなかったのです。だからと言って、急に自給自足生活に戻れるわけではない。各自、出来る範囲のことをしてみたらいいと思います。

地球上にいる間の乗り物?でもある体は、大事にメンテナンスしていきましょう!
誰でも体質的になりやすい病気の1つや2つあるはず!
食事、活動量、心身の休養は健康の三本柱であることは正しかった!

米食の日本人は、玄米をもう少し食べた方が良さそうですね。このブログでも説明しましたが、玄米のγ‐オリザノールは救世主です!太りやすくて困っている人は、玄米を食べましょ~!この本の中でもそのメカニズムが説明されています。

玄米で痩せた
【玄米のダイエット効果】γ‐オリザノールと食物繊維で痩せた!油ものがやめられない人⇒必見!

続きを見る

興味ある人は是非読んでみてください。電子書籍kindleでも出ています。

-エッセイ
-, , ,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5