エッセイ

【あまくない砂糖の話】映画:砂糖の危険!!体への影響は!?これ超おススメの1本!一見の価値あり!!

砂糖1日スプーン40杯⇒平均摂取量って本当?

はつみ顔管理栄養士 はつみ

オーストラリアの俳優を実験台に!
砂糖を60日間!平均量!?食べまくった結果はどうなった??

「あまくない砂糖の話」
甘い物を毎日飲んだり食べている人にこそ見てほしいドキュメンタリー映画!

砂糖には依存性がある(詳しくはコチラ)ので、このくらいのショック療法が必要です!
影響は体だけではないんです!
心にも変化が現れる 😯 !

 


Amazonプライム・ビデオ

★砂糖って、なぜ悪もの扱い?

砂糖は、ブドウ糖と果糖という1分子の単糖類がくっついた少糖類です。
半分、ブドウ糖なので、血糖値が上がります。
半分、果糖なので糖化が進みます。

セカンドミール効果
セカンドミール効果とは❓血糖値&体重管理:朝食に何を食べるかが大事だった!おススメメは?

続きを見る

糖化⇒老化と病気AGE
糖化がもたらす老化や病気!どう防ぐ?体内のAGE蓄積を防ぐ具体策♪現在、わかっていることとは?

続きを見る

WHOは、フリーシュガーの摂取をエネルギーの10%未満にしよう!
出来れば5%未満にした方が良い!
と推奨しています。

フリーシュガーの定義は、
【天然、および添加される食品中の単糖類や少糖類】
 単糖類:ブドウ糖、果糖、ガラクトース
 少糖類:乳糖、麦芽糖、ショ糖

つまり、自然に含まれる糖分であるものも含まれます。
ご飯やパンや麺類、芋類などを加熱して食べると麦芽糖がでんぷんから出来ます。
甘味を持つ食品中にある糖類であるもの(果物や芋類、はちみつなど)だけでなく、乳製品の中の乳糖も含まれます。
それに、調味料や加工食品、スイーツや飲料などの糖分がすべて含まれます。

天然の食品に含まれる糖分は、その他の大事な微量栄養素も含むので、良いです。

でも、スイーツや加工食品に添加される糖分は、何もよろしくない!
何の微量栄養素も含まない!
でもエネルギーとして代謝する時にビタミンB群を消費します。
その結果、ビタミンB群の無駄遣い状態になり、不足を招きます。
不足した症状としては、、、
・疲れやすい
・肌荒れしやすい
・食欲不振になり胃もたれなどしやすい

何も良いことはありません。

そして、フリーシュガーなどの糖分の摂取量が多い人は、様々なリスクが上がります。
例えば、

・肥満
・むし歯

この2点についてWHOは警鐘を鳴らしています。肥満は、様々な疾病のリスクを上げます。
・糖尿病
・高血圧
・脂質い序章
・動脈硬化を原因とする脳血管疾患や心臓病
・痛風
など

そして、もう一つ!大きな問題が!!
砂糖が炎症の原因になるのです!(論文はコチラ
炎症は、ガンの発生や認知機能の低下にも関係しています。
なるべく、避けたい現象です。

抗炎症ダイエット
抗炎症ダイエットとは?身近な病気の多くが関係⁉ガンのリスクとも関係!低減策は?

続きを見る

慢性炎症のサイン
慢性炎症化したサインとは?急性炎症との違い!セルフチェックリスト有!抗炎症ダイエットとは?

続きを見る

 

★人生が変わる映画の1本に!

何気なく、ジュースを飲んだり、スイーツを突かれた時に口にする!

そのうち、何だか毎日何かしら甘い物を口にする毎日になっていることがある!

資本主義のアメリカに追いつけとがんばった日本社会は、甘い罠があっちこっちにあるんです!

喉が乾いたら、脱水が心配!
と子供に外出先ではジュースをどんどん飲ませている親もいます。
でも、ちょっと待った!!

それは我が子の健康を奪い、健康寿命を短くする行為とも言えるのです。
大袈裟な!!と笑っている人は、まだこの映画を見ていない人だけ!

家にいる次の休日に是非見てみてください=!

その甘い一口で失うものが大きいのです 😯 


Prime Video

-エッセイ
-, ,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5