レシピ 主食:ご飯、麺、パン、オートミール等

全粒粉のベーグルの作り方~オニオン味🎵油不使用!もっちもち!成形はアメリカ流で!洗い物はボール1個!

お気に入りのオニオン風味ベーグル🎵

はつみ顔管理栄養士 はつみ

全粒オニオンベーグル

全粒粉オニオンベーグル♪

プレーンベーグルのこねないレシピは先日公開しましたが、今回は粒粉を使って(全粒粉50%)作ります!今回は、全粒粉を生地の半量も入れたので、まったくこねないのは難しいです。だから最低限、2~3分ほどこねました。でも、省略できる手間は全て省き、最低限やらねばならぬことだけやるレシピなのは、今回も同じです!
特に成形は更に簡略化し、アメリカ人のやり方で作ります!(日本人の丁寧なやり方はしません!)でも、あまり出来上がりの見た目に差はありません。断然、こっちの方が楽だと思います(^^♪プレーンベーグルも、もちろんこの成形法で作れます!

そして、オニオン味にしています♪(もちろんオプションです)
日本ではややマイナーですが、私の一番好きなベーグルはオニオン味とガーリック味のなんです!焼けている時の良い香りがたまりません!

基本的な作り方は、ほとんど同じです。プレーンベーグルのレシピの記事の方が写真を多く入れているので、そちらも参考にしてくださいね。

 

★全粒粉のーグル 🥯
~オニオン味~

材料:(5つ分)

全粒粉 150g
強力粉 150g
イースト 3g(小匙1)
砂糖 10g(小匙2)
塩 5g(小匙1)
水 180mlくらい
乾燥オニオン 大さじ3(+少量の水)

①全粒粉と強力粉と塩をまぜた大きいボールの中央をくぼませて、イーストと砂糖とぬるま湯を入れて混ぜる

②ひとまとまりになるまで、軽くこねる。(水の量は調節してください。全粒粉を入れたものの方が、こねずに作るのが難しいので、均一感が出るまで数分間、こねましょう。いつまでもべとべとで丸くできないようなら、水分不足なので、強力粉を少し足してください。)

③一次発酵:なるべく真ん丸にしてボールに入れた状態で、あたたかいところで乾燥しないようにカバーをして、倍の大きさになるまで待つ。(40分~1時間)

④成形する:ドウをだいたい5等分した後に、まるく丸める。その後、真ん中に人差し指を入れて穴をあけて、クルクルと振り回してドーナツ型にする。真ん中の穴の大きさは2㎝程度が目安です。(←アメリカ流成形法)
くっつかないように小麦粉をしいたところに置く。

⑤二次発酵:20分ほど置いておくとふっくらしてくる(乾燥を防ぐため、ふわっとラップをかけるか、布をかけることもあるが、私はそのまま20分、部屋のあたたかいところに放置した)(写真①)

⑥フライパンにお湯を沸かして、片面30秒(合計1分)ゆでる(きれいな焼き色が欲しい時は、大さじ1程度の砂糖を湯に入れる)(写真②)

⑦少量の水につけて戻した乾燥オニオンを上に乗せる(写真③)

⑧230℃のオーブンで15~20分焼く

 

二次発酵後

写真①:二次発酵後

ゆであがり

写真②:ゆであがり

オニオン乗せた

写真③:焼く前

幸せのオニオンベーグル(^^♪
 洗い物はボール1個だけ!

「しょっちゅう気軽に焼けるようにと極限まで簡略化したレシピなのはプレーンベーグルの時と同じです!1次発酵している間に、用事があって出かけてしまったため、倍になってすぐに成形することが出来ず、1時間半も放置してしまいましたが、それでも大丈夫でした。と言うような適当な時間管理でもパンは出来ます!是非、お試しくださいね!」

食パン業界では、高級食パンが流行っているようですが、生クリームをたっぷり使っている店が多いのが気になります。生クリーム、半分は脂肪です。それも飽和脂肪酸が多く含まれる脂肪をそんなにタップリの量、食べるって・・・。ごくたまににしてほしいです。幸い、値段が高いから、そんなにしょっちゅう食べる人は少ないと思いますが・・・。脂質は、総摂取量と質と、どちらも気を付けるべきです。その両方を悪い方に持って行くような食品を常食するのはやめて、ヘルシーでもとっても美味しいパンを食べてくださいね!この全粒ベーグルは、プレーンベーグルより、もちもち度は、上です💛」

全粒粉を使うことで、食物繊維が増えるので、食後血糖値の上昇がゆるやかになります。また、ビタミンB群の含有量が多いです。食べた時の満足感も、全粒粉の方がずっとあります。質の良い全粒粉を手に入れて、焼いてみてくださいね!以下にご紹介した全粒粉を使って焼きました。国産、特に北海道産小麦で作るとパンも麺ももっちもちになります~~🎵皮ごと丸ごと食べる未精製穀類は、なるべく有機栽培のものを使用するように私はしています。玄米と全粒粉は有機栽培物が安心です。」

乾燥玉ねぎは、一度使ったらもう手放せなくなりました!飴色玉ねぎを1分で作ったりして、オニオングラタンスープ(近いうちにベジタリアンバージョンを紹介します!)にもよく使います。今後、いろいろレシピを紹介していきたいと思います。野菜が洗って切ってある状態の乾燥野菜は、切り干し大根も乾燥玉ねぎも、時短料理になるだけでなく、うま味も凝縮しているので、精進料理には欠かせない食材です!」

 

-レシピ, 主食:ご飯、麺、パン、オートミール等
-

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5