ベジ栄養学

水を飲めば痩せる⁉美肌効果はある!?意外な結果に驚き!リサーチ結果はどうだった?

水で痩せる!?ウソほんと?専門家による見解は?

はつみ顔管理栄養士 はつみ

ペットボトルの水とタオル

「水を1日2リットル飲めば痩せる!」
「水をたくさん飲めば、肌がしっとり潤う!」

どこかで聞いたことがありますよね??

これ、本当なんでしょうか??

ちょっと疑わしいと思いつつ、こんなに簡単な方法で痩せたり、キレイになれるなら、、、という思いで、必死に水を飲んでいる人が周りに見つかりますよね…。水を差すようで申し訳ないけれど、この際、水についての真実を知りましょう!

痩せるか、痩せないか、美肌効果はあるのか?
この答え、YES and NO!なんです~~~(*^^)v

水飲んで、痩せることなんてあるの?

甘いジュース類を飲むことで、肥満、糖尿病、心臓病などのリスクが上がるという研究結果は大量に見つかります。当たり前と言えば当たり前の結果です。

では、水で痩せるのは本当なのか?
水を飲むと言っても、以下の2つのケースについては全然違いますよね?

①ジュース類やカロリーのある飲料を水に置き換えた時の影響

②水を飲むという行為そのもの、つまり水だけの影響

それらのリサーチ結果をまとめて統計処理した結果、わかったことは、、、

1、ジュース類や牛乳を水に置き換えた時は、総カロリー摂取量が減る→当然、体重が減少する可能性が高い

2、水を飲むということを普通の生活に追加して行った場合にも、肥満のリスクが有意に下がった(1)

 

じゃあ、水を飲むと痩せるのは本当なのね?

そういう人がいるのは事実です。
2の結果は、ドイツで行われた質の高い研究結果なのですが、学童を対象にしたものです。子どもたちに、まず水の摂取の大切さをよく教育します。その上で、浄水器を付けた飲水所とボトルの水が提供された環境にしました。その結果、子どもたちの水分摂取は、1.1杯分増加しただけでなく、肥満のリスクも31%も下がったということです。(1)

「ということで、この結果をどう考えるかですが、水をせっせと飲むようになると、ジュースを飲みたい気分にあまりならないですよね。喉がかわく前にこまめに飲んでいるので、甘い飲み物を買おうとか、牛乳をごくごく飲みたいとか思う頻度が減るはずです。その結果、総エネルギー摂取量が減り、肥満しにくくなるということだと思います。

もともと、ジュース類や牛乳など、カロリーのある飲料を多めに飲む習慣の無い人の場合は、水を追加して飲んでも変わりない可能性が高い。ということで、元々の習慣次第だと思われます。だから、イエス&ノーとお答えしたわけです。」

なるほど~!とにかく、甘いジュース類や牛乳の飲みすぎは太るってことですね!じゃあ、水を飲むと肌がキレイになるって話は本当ですか??

脱水の程度がひどくなると、唇がかさつき、肌もかさついた感じになり、張りがなくなっていきます。それは、重度の脱水状態の症状です。

そういう意味では、ひどく脱水している人が水を飲むと肌の状態は良くなるでしょう。

でも、1日2ℓとか、8~10杯の水を飲むことで肌のデトックスになるとか、肌つやが良くなる、肌がしっとりする、などというエビデンスはありません。(1)

肌はウォータープルーフになっていて、身体から無駄に水分が逃げないようにするためのバリア機能があります。それなのにカサつくのは、ひどく乾燥した環境、熱いお湯と石鹸で油分が落とされること、肌の病気などが原因になります。

たくさん水を飲んでも体内の水分量は変わりません。尿量で調節していますから。なので、水分を取ったからと言って、しわ等の肌の老化を防ぐことは出来ません。

水を飲んで肌が潤うってのは、ウソだったんですね~

そうですね。脱水して体に良いことは一つもないので、脱水はしない方がいいです。脱水すると便秘にもなりやすいので、脱水してひどい便秘になっている人なら、少し良い影響があるかもしれない、という程度です。

脱水すると、頭痛になったり認知機能が低下するだけでなく、腎臓の尿を生成する過程にも影響が出ます。心臓にも負担がかかります。

高齢になると脱水したことを感知する能力や尿の濃度を増減させる能力も減っていきます。尿を濃くするホルモンの分泌が悪くなるからです。しかし、若い人も脱水しているのに気づかないで毎日過ごしている人が大勢います。こまめに水分を取ることは、運動する時だけでなく、大事です。夏でも冬でも脱水します。

肌の老化が気になる人は、活性酸素の除去についての記事をぜひ参考にしてください。シミやしわの予防には、抗酸化物質の摂取が有効です!

しっかり、こまめに水を飲みましょう麦茶でもいいです!水分補給が苦手な人は、スープや果物やお粥などで水分摂取量を増やしましょう。

お酒やカフェイン入りの飲料は水分補給には不適切です。嗜好品は適度に楽しく!が基本です!

(1) Barry M Popkin, et al. Water, Hydration, Health. NUtr Rev. 2010 Aug;68(8)

 

-ベジ栄養学
-,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5