レシピ 主食:ご飯、麺、パン、オートミール等

ライ麦30%パン♪こねない作り方&油不使用!キッチンを汚さないレシピです!中はしっとり&もっちり♬

ライ麦パン完成写真

ライ麦30%のこねないパンについて♪

はつみ顔管理栄養士 はつみ

イ麦パン30%パンも、全粒粉入りのパン(チャパタはコチラベーグルはこちらを参照)とはまた違う味わいで大変美味しいです。
爽やかなフェンネルシードも入れて作ったので、家じゅうがその香りに包まれて、そよ風が吹いているような気持ちよさがあります~♬

ライ麦は、小麦粉に含まれる種類のたんぱく質2種のうち1種をを含まないため、水分を入れてもグルテンが形成されません。その為、ライ麦の割り合いを増やすほど膨らまないどっしりとしたパンになり、独特の酸味のある黒いパンに焼きあがります。30%程度入れて作る場合は、全粒粉を入れて作った時と同じ方法で作れます。

今回も洗い物はボール一個!広げたり、こねたりもしません!リモートワークの合間にでも作れます~♬
合計、キッチンにいたのは、今回のパンも15分以下です!本当です!

素朴なライ麦パン

素朴な味わいのライ麦パン

 

★具体的に作り方を見ていきましょう!

ライ麦パン
~ライ麦30%~

材料:6個分

小麦の強力粉 210g
ライ麦粉  90g
塩   小さじ1
砂糖  小さじ2
ドライイースト 小さじ1
ぬるま湯   240ml
フェンネルシード  小さじ1/2…好みで入れなくてもOK

①強力粉、ライ麦、塩をよくボールの中で混ぜる。真ん中をくぼませ、砂糖とドライイーストを入れる。

②ぬるま湯をそこへ、注ぎ入れ、全体を粉っぽくなくなるまで混ぜる

③ラップをするなど、乾燥しないようにして15~20分放置する(蓋付きの大ボールを使用したので、ぴったり蓋をした:写真参照)

④外側から畳むように20回くらい混ぜる(スケッパーがやりやすいが、手でやる場合は水をつけるとくつかない。丈夫なシリコンのへらなどでも良いです。)もしくは、持ち上げてねじるのを繰り返す。

⑤またラップして、15~20分程度、放置する

⑥④と同じことをして、またラップして45分~1時間くらい、あたたかいところに置いて1次発酵させる。(倍になるまで待つ)

⑦周囲に分量外の強力粉をかけて、ボールからはがし取るようにしていく。最後に裏返して、6等分にする。

⑧手につかないように強力粉を必要に応じて足しながら、丸く成形して、オーブンシートの上に置く。ラップをふわっとかけて、上から布巾などをかけて保温し、30分置く。(二次発酵)

⑨上から軽くライ麦粉をかけ、包丁かカミソリで、1本だけ5㎜程度の深さの切り込み(クープ)を入れてから、230℃のオーブンで15分程度焼く

ぬるま湯を入れる前

ぬるま湯を入れる前 (この状態まで用意して翌日を待つ時もあり!)

全体に混ぜただけ

全体に混ぜただけ

外側からたたむように

外側からたたむように

蓋して放置

畳む作業をして蓋して20分放置を2回

1次発酵前の状態

1次発酵前の状態

1次発酵後

1次発酵後:2倍以上にふくらんでしまった!45分で見に行かなかったせい💦

周囲に強力粉をかけてはがしていく

周囲に強力粉をかけてはがしていく

ひとまわりはがしていったところ

ひとまわりはがしていったところ

裏返して、6等分したところ

裏返して、6等分したところ

楕円に成形した

楕円に成形した

二次発酵前のライ麦パン

二次発酵前のライ麦パン

二次発酵後のライ麦パン

二次発酵後(ふっくら膨らんだ)

ライ麦パン焼けた

ライ麦パンが焼けた♬

ライ麦やフェンネルシードも、アマゾンで買って届くのを楽しみに待ってから、ライ麦パンも私の好みの味で作り方で、つまりヘルシーで美味しく簡単、手間なし!を基本に仕上げました。
焼きあがったら、当日食べる分を除いて、冷めてすぐに冷凍します!

お弁当に持って行く分は、半分にスライスして中にオリーブとチーズを挟んだ状態で冷凍しておきました!
そのまま職場に持って行って自然解凍で食べます~♬(←このお弁当を楽にする話はこちら)

-レシピ, 主食:ご飯、麺、パン、オートミール等
-, ,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5