レシピ 副菜:サイドディッシュ

長持ちピクルスを簡単に作る方法とは?ワインにも合う!お正月用の膾(なます)代わりにも♬

ピクルスがあるとお弁当にもタルタルソースにもGOOD!

はつみ顔管理栄養士 はつみ

ピクルスの瓶

以前、ご紹介した長期保存も可能なピクルス♬

簡単ピクルス

今回は、可愛いホーロー容器に入れたので、食卓にそのまま出してOK♬

長期保存できる(1年以上もちます!)ピクルスの作り方(コチラを参照)を、簡略化しました。
10日内に食べる程度で大量に作らないなら、今回ご紹介する方法でじゅうぶんです。市販のピクルス液は、ネットリ甘い糖分が入っていて好きになれません。スッキリした味わいのピクルス液の味はそのままに、手間を出来る限り省きました。野菜を殺菌目的で湯通ししていたのを省略し、熱いピクルス液に一気に漬けます。

お正月のおせち料理の「膾(なます)」は、好きな野菜を使ってピクルスにしてみては?ワインにも合う味になります=♪
甘味のある赤ピーマンや人参などを入れると、見た目にもきれいで美味しいですね。今回は、カブと赤ピーマンで作っています。野菜類は、赤カブ、大根、玉ねぎ、キャベツなど、何でも大丈夫です。柚子を一緒に入れ込んでもGOOD♬

余ったら、ゆで卵、マヨネーズと合わせて、タルタルソースにして、フライと一緒に食べたり、サンドイッチの具にしてみてください。また、違う味わいでとても美味しいです~♬

箸休めにいいわね!お酒にも合いそう!

「簡単手間なしピクルス」
材料:
好きな野菜  200g~250程度
<ピクルス液>
酢(穀物酢など) 75ml
白ワイン(又は日本酒)  75ml
塩  8g
キビ砂糖(他の砂糖でも) 8g
黒コショウ ひと振り
ローレル 1枚(無くてもOK)
一味唐辛子 少々(無くてもOK)
好みでバジルなどハーブ類少々(無くてもOK)

①ピクルス液を、ステンレスやホーロー鍋に入れて沸騰させる
②食べやすく切った野菜類を、①の沸騰したところに入れてざっと混ぜる
③耐熱容器に熱いうちに②を入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる
(1時間程度馴染ませたら、もう食べられます)

鍋や器の材質について


ガラスやホーローなど、匂いがうつりにくい器に入れると良いかと思います。また、ピクルス液を沸かす鍋は、アルミ製のものは避けましょう。腐食しやすく、アルミがピクルス液に溶け出てしまいます💦酸性の強い液を沸かす時は、ステンレス製かホーロー鍋にしましょう。

尚、ホーロー鍋は安いものでもいいので、欠けが出て金属がむき出た状態のものは捨ててくださいね。金属が何を使っているかわからないので、心配ですから。ガラスコーティングされているホーロー鍋は、匂いうつりしにくく、金属が食品の状態に影響を与える心配もなく、一つ持っておくと便利です!
我が家は下記の製品の緑色の鍋を使っています。置いておくだけでも、とても可愛いです~!気に入ってます♬

-レシピ, 副菜:サイドディッシュ
-,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5