レシピ 副菜:サイドディッシュ

ニラ醤油の作り方♬アマニ油入り♪1か月冷蔵庫で保存可!冷奴や納豆や卵料理にも合う~!超簡単レシピ♬

我が家のニラ醤油は美味しい&体調管理メニュー!

はつみ顔管理栄養士 はつみ

ニラ醤油冷奴

冷奴に乗せて♬

ニラ醤油は、作っているご家庭も多いと思います。
我が家のレシピは、n‐3系脂肪酸(←についての記事参照)をこまめに摂れるようにとアマニ油、またはエゴマ油も入れるのが特徴です!
普通、みりんのアルコールを飛ばすためにつけダレを煮切ってから使うのですが、鍋を出して火をつけ煮切るのが面倒な人のための超簡単なやり方もご紹介します!

刻んで混ぜるだけ!

★ニラ醤油マニ油入り 

材料:
ニラ1束
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ1(または、砂糖大さじ1/3)
ごま油 小さじ1/2
アマニ油 大さじ1(または、えごま油)
(好みで一味唐辛子、おろしショウガなど入れても美味しい)

①ニラは洗ってよく水気を切り、みじん切りにしてから清潔な瓶かファスナー付きビニール袋に入れる
②醤油とみりんを合わせて、分量外の水(小さじ1程度)を足したものを鍋に入れて沸騰したら火を消して冷ます(アルコールを飛ばす目的)
③①の中に②と油類を入れてよく混ぜて2~3時間置いたら食べられる

<鍋を出したくない人は>
②みりんを使わず砂糖にして、①の中にすべての材料を入れてよく混ぜる

甘味の強さは、みりん1に対して、砂糖は3くらいの比率です。だから、みりんを砂糖に置き換えたい時は、大体3分の1にすれば味的にまとまります。もちろん、みりんと砂糖では味が違いますが、砂糖醤油で漬けこんでも美味しいニラ醤油が出来るので、やってみてくださいね!

ちなみに、みりん(本みりん)とみりん風調味料という似たようなものが売ってますよね。みりんは甘いアルコールですが、みりん風の方はアルコールではありません。だから、みりん風調味料をお使いの方は、鍋で煮切ってアルコールを飛ばす必要がありません。砂糖と同じようにそのまま混ぜられます。でも、みりん風調味料、ちょっとなめてみてください。うへ~って味です。日本酒、みりん、白ワインなどを料理に使う時なんですが、基本的にあまりにまずいものを使うと料理は美味しく仕上がりません。最低限、なめてうへ~ってならない程度に飲める味のものを、安いのでいいので使いましょう!

-レシピ, 副菜:サイドディッシュ
-

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5