ベジ栄養学

慢性炎症化したサインとは?急性炎症との違い!セルフチェックリスト有!抗炎症ダイエットとは?

慢性炎症のサイン

慢性炎症って一体何?

はつみ顔管理栄養士 はつみ

◆炎症と病気について

世界で、5人のうち3人は炎症が関与した病気で死んでいるとされます。慢性的な炎症が関与している病気は、心臓病や脳血管疾患、糖尿病やガン、アルツハイマー型認知症など多岐にわたります。(詳しくは炎症を抑える食事についての記事を参照:コチラをクリック)

肥満も炎症に関与しています。食卓にすぐに乗せるべき3つの抗炎症作用のある食品についての話で以前、ご紹介しました。(コチラをクリック)

急性炎症って、痛い時とか発熱とか?

身体の中でじんわりと進む慢性炎症状態の多くは、急性炎症が起きることでスタートします。それが慢性化するのです。急性の炎症は悪いことではありません。病原菌が体内に侵入した時、身体のどこかが壊れた時に、治そうとするための反応です。

例えば風邪を引いた時や新型コロナウイルスに感染した時など、ウイルスが増殖した部位を赤く腫れあがりますよね。も出ます。異物を排除しやすいようにしている大事な反応です。でも、いつまでもその急性炎症は続かないはずです。スイッチをオフにして、病原菌の排除に成功した後は、もう炎症は要りません。しかし、時に急性の炎症が慢性化してしまうことがあるのです。

◆慢性炎症とそのサイン!チェックリストで自己採点!

なぜ、炎症が慢性化しちゃうことがあるの?

3つの可能性を紹介します👉

<1>
免疫システムは、とても良くできているので、異物を排除するのがとても得意です。だから、病原菌や毒性のある物質などを体外に、排泄できるのです。しかし、時々その異物がその免疫システムをかいくぐり、体内に残ることがあります。そうすると、繰り返し炎症が起きることになるのです。

<2>
もう一つ、考えられている原因は、免疫システムが「警戒モード」に入ってしまうことです。自己免疫疾患の状態です。危険な異物はもう体内にいないのに、免疫システムが過敏になってしまうことがあるのです。そうすると、健康な自分の細胞や臓器をターゲットに攻撃してしまうことがあります。それが、関節や小腸、その他の臓器が危険だと勘違いしてしまうのです。そうなると炎症が慢性化し、治癒どころか自分の身体にダメージを与えることをしてしまいます。

<3>
不健康な生活習慣も、慢性的な長期に続く炎症の原因になります。喫煙、非活動的なライフスタイル、砂糖や白い穀類など精製度の高い炭水化物をたくさん食べることなどが原因になります。

怖いわ~!慢性炎症が起きているか知りたい!

急性炎症ほど、明らかなサインが出ません。急性炎症は、痛いとか赤く腫れるとか、わかりやすく身体が警戒アラートを出してくれますよね。でも、慢性炎症のサインもあるので、見ていきましょう。全身に現れることもあれば、身体の一部に現れることもあります。

慢性炎症のチェックリスト

・疲労感や倦怠感がある
・エネルギー不足で活力が感じられない
・不安感
・筋肉痛
・関節痛
・便秘
・下痢
・胃腸の不快感
・体重の変化
・食欲の変化
・頭痛
・頭がボーっとする:ブレインフォグ(頭の中に霧がかかったような感じ

「いくつ、あてはまりますか?
いくつ以上で要注意とも言えないんです。1つでも慢性炎症が起きている可能性があるからです。自己診断が難しいですよね。

でも、以前と何かが違う。。。休んでも疲労感が取れない体がやたらと重く感じて起き上がる気にもならない。前みたいに頑張れないし、頑張りたい気分にもならない。何をやっても冴えない感じ。。。というのがないでしょうか?

筋トレなどしていないのに、しょっちゅう軽い筋肉痛のようなものがあったり、関節が痛むようなら、やはり要注意です。
新型コロナ感染症の後遺症の症状にも聞かれるものがいくつもありますよね。慢性炎症が起きている可能性もあるということだと思います。」
身体が痛い人

◆慢性炎症の治し方

「慢性炎症は、少しでも早く改善したいですね。抗炎症ダイエットと言うものが存在します。抗炎症作用がある成分や食品が見つかっているのです。フィトケミカルと言われるポリフェノールや、カロテノイド系色素が代表的なものです。野菜や果物、種実類、ハーブやスパイスに多く見つかっています。
 抗炎症の食事について(コチラをクリック)は、詳しく以前にまとめているので、是非参考にしてください。

こちらもCHECK

抗炎症ダイエット
抗炎症ダイエットとは?身近な病気の多くが関係⁉ガンのリスクとも関係!低減策は?

続きを見る

カレー粉が良い!

ターメリック 効能がすごい!
ターメリックの効能とは?新型コロナの治癒にも効果がある報告が!!含有するクルクミンの抗炎症効果!!

続きを見る

ベジタリアン・ヴィーガンの食事は、抗炎症ダイエットです。野菜や果物や豆類に抗酸化作用のあるものが多いからです。でも、ベジタリアンでも、砂糖をたくさん使ったスイーツや、市販や外食の油ものをたくさん食べたりしている人もいます。そうなると、野菜や果物の中のフィトケミカルだけでは追い付かなくなります。

ヘルシーなもので美味しいものっていっぱいあります。「美味しい物は体に悪いものが多いんだよ!」というセリフをよく聞きますが、そうとは限りません。美味しくて体に良いものも、い~~~っぱいあります!美味しい野菜料理で簡単なものを今後も紹介していきます~♬

 

HEALTH Beat "How acute inflammation turns chronic" Harvard medical school.  Sep 30,2021

-ベジ栄養学
-, , ,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5