レシピ 主菜:メインディッシュ

ナスのパルメザンチーズ焼き~大豆ひき肉入り!トマトソースやスープの残りをリメイクしても♪

ナスをメインディッシュに格上げ!これ、美味しいです!

はつみ顔管理栄養士 はつみ

焼き立てのナスパルミジャーノ

米ナスや大ぶりのナスが手に入った時におススメの1品!
見栄えのよい主菜になるボリュームです~♬

トマトソースやトマトベースのスープが残っていたら更に簡単に出来ます。
オーブンが無くても、オーブントースターで出来ます!

スのルメザンーズ焼き
~大豆ひき肉入り 🍆

材料:2人分
米ナス 大1個
(または、ナス4個)
オリーブオイル 大さじ1
とけるチーズ 大さじ4~6
パルメザンチーズ  大さじ2~3

<トマトソースやスープの余りがある場合>
ソースやスープ 2カップ程度
大豆ひき肉(乾燥)  大さじ2
塩、こしょう

①水分が少ないソースの場合は、大さじ3~4の水を足す
②大豆ひき肉を入れて3分ほど煮て、塩とコショウで味を調える

<トマトソースを作る場合>
オリーブオイル 大さじ1
にんにく 1片 みじんぎり
トマト缶 1つ
大豆ひき肉(乾燥) 大さじ2
塩、こしょう

①オイルの中にニンニクを入れて加熱し、香りが出たらトマト缶を入れて10分ほど煮る
②大豆ひき肉を入れて3分ほど煮て、塩、コショウで味を調える

 

<<作り方>>
(1)ナスを1㎝程度の厚さに切って、塩をひとつまみ入れた水につけておく。10分程度置いてから水気をふき取る

(2)オリーブオイルを敷いたフライパンで、ナスの両面をこんがりするまで焼く

(3)耐熱容器に上記のトマトベースのソースを薄く敷いて、ナスを重ならないように並べる

(4)ソースを薄く上からかけて、溶けるチーズとパルメザンチーズをかける(写真①)

(5)ナスをまた重ならないように並べ、上からソースと溶けるチーズの残り、パルメザンチーズをふりかける(写真②)

(6)180℃のオーブンに入れて、こんがりするまで15分ほど焼く
 (または、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く)(写真③)

★ナスとソースを段々に重ねるだけなので、何層になってもOKです!

ナス途中

写真①2段目を作成中

焼く前のナスパルミジャーノ

写真②焼く前

ナスパルミジャーノ

写真③焼き立て熱々

 

いろいろアレンジ♬

もともとのイタリアのレシピでは、ナスは揚げ焼きにしているのですが、軽く焼くだけにしているので、低カロリーひき肉も、大豆ひき肉なので、低脂肪です!ナスにトマトソースが染み込んで、コクのあるチーズがかかっていてとても美味しいです!

トマトソースやトマトベースのスープは多めに作るようにして、このように最後は違う料理にすると手間なくご馳走料理が楽しめます!
今回は、白インゲン豆のトマトスープ(←記事参照)の残りを使って作りました~♬」

大豆ミートは、この製品を今回使いました。
この製品の良いところは、他のメーカーと比べてとっても低脂肪なので、冷蔵庫保管している間にもどんどん油が酸化してすぐに変な匂いになってしまう…ということが無い!
900gでこの値段でお得というだけでなく、同じ大豆ミートでもメーカーによって栄養成分が少しずつ違うので、最近はこれをもっぱら愛用しています~♬」

-レシピ, 主菜:メインディッシュ
-,

© 2022 ベジ広間 Powered by AFFINGER5